「めざまし」の由来

こんにちわ、葬祭本部内田です。

今回は熊本の風習「めざまし」についてです。

「めざまし」とは通夜の夜食用に持参する酒やお菓子、
それに代わるお金の表書きとして用いられ、お通夜の時に持参し、
受付にてお渡しするのが一般的です。
尚、お香典とは異なりますので、お香典は葬儀に持参します。

また意味として3つの意味が言われています。
1つめは、昔はお金だけではなくて、米や食べ物に「目覚し」と書き、通夜に持参していました。
そして、一晩中、線香を絶やさないように、これを食べて目を覚ましていたそうです。
2つめは、愛する方にもう一度「目覚めて欲しい」という意味がこめられているそうです。
3つめは、愛する方の死をご縁にして「仏法に目覚めよ」という意味が込められているそうです。

葬儀の風習は、千差万別 ありますが、どれも意味があり代々大事に受け継がれてきた
ものであり、意味あいも含めしっかり後世に引き継ぎたいものです。

1.JPG2.JPG


熊本の家族葬・葬儀・葬式・斎場なら家族葬のファミーユ 熊本支社
熊本市の葬儀場

PageTop

コメントを投稿

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.kumamoto-kazokusou.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/288